長期投資の損切りについて 長期投資は損切りしない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

投資には不可欠と言われることが
「損切り」です。
つぁつぁつぁんが思う「損切り」を書きます。

にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
つぁつぁつぁんです
どのような投資でも
(FX 株 その他)
損切りをしましょう!というのが
まかり通っていますが

つぁつぁつぁんは超長期投資をしていますので
「損切り」については
おススメしていません。

そもそも「損切り」しないことが
超長期投資で勝つことの条件と考えています。

なぜなら?
「損切り」とは「損」を確定しているからです。
すなわち、大事なお金を減らしている。ということです。

「損」を確定しているから
資金が減る。
お金が減る。ということです。

ここは大事です。
「損切り」しなければいけない。という考えを
疑うのも1つの考え方です。

「損」を確定して
資金が増えた。お金が増えた!となれば
良いでしょうけど。
本当に増えましたか?

つぁつぁつぁんは増えたことが
ありませんでした。

素早く「損切り」したとしても
損金、マイナスの金額は減ったけど
増えてもいない。ということに気づいたんです。

それは
つぁつぁつぁんが下手だからじゃないの?となるんですが
果たして
スキャルピングやデイトレで稼いでいる人は
本当に稼いでいるのでしょうか?

稼いでいるフリをしている人は多いですけど
本当に稼いでいる人は
ほんの少しではないでしょうか?

ここ大事です。

稼いでいるフリをしている人は
そこら中にいますが

本当に稼いでいる人は
非常に少ない。ということです。

話は変わりますが
本当に稼げている人が
高額コンサルや高額塾しますか?

普通はしません。

スキャルピングやデイトレで稼げないから
高額コンサルと高額塾で稼ぐんですね。
そう思いませんか?

だから
リアルトレードで勝てないんです。

これも
おもしろい話ですが
世の中はそういうふうに動いてます。

騙されないようにしましょう。

いろいろな教材もありますが
普通は教えません。
教えるわけがないんですね。

お金儲けのコツなんて
普通は言いません。
教えません。
ここも覚えておきましょう。


<スポンサーリンク>


話を「損切り」に戻します。

「損切り」をしていると
資産は増えない。

「損切り」をすると
自分のお金は増えない。

そこに気づきましょう。

つまり
「投資でお金を増やすためには損切りしないこと」です。

「損切り」しなければ
ほとんどのケースで資産は増えます。
お金は増えています。

長期投資で有名な
ウォーレンさんも言ってますね。
「10年も持てない株は買うな」と

ウォーレンさんは大成功者です。
もう、超える人なんていないと思います。
今世紀最大の大投資家が言うのですから
それが真実なのでしょう。

それでいいと思います。

でも
ウォーレンさんは
投資対象を徹底的に調べるそうです。
それは当然ですよね。
今思えば当然でしょう。
命の次に大事なお金ですからね。

大事に使いましょう。

ここで
「損切り」を実践している人はどうでしょうか?
何パーセントか下がれば「損切り」するから
リスクは大丈夫なのさ!と
銘柄選定を適当にしているのではないでしょうか?

下がってから
しばらく日数が経過すると上がることは
何度もある話です。

「損切り」を繰り返していると
結局のところ
「損切り貧乏」になっていきます。

せっかく稼いだお金を
「損切り」によって減らしていく。
誰かの養分になっていく。

養分扱いに耐えれるのか?
普通は耐えれません。

「損切り」を推奨される方は
口をそろえて言います。

「損小利大」

これは、あくまでも「理想」です。

みんながみんな
「損小利大」ができれば良いのですが
実際はできません。
できるわけがないのです。

「損小利大」ができる人は
そのまま稼ぎ続けてください。

「損小利大」できる人
少ないですよ。
ほんの
一握りです。

「損小利大」が
できているフリをする人は
ものすごく多いです。
フリは悲しい結末が待っています。


<スポンサーリンク>


「損切り」をしないで勝つ方法は
「勝つまで持つ」ということです。

株もFXも何でもそうですが
デフォルトしたときは
諦めるしかありません。
デフォルトが、いつ起こるか?
正確に当てれる人はいないと思います。

予想がたまたま当たるのはよくあることです。

できる限り
デフォルトしない銘柄や国家を選びたいところです。

また
結果論や後付けも良くある話です。
過去のチャート説明等がそうです。

結果論と後付けで
よくある販売者さんは
あたかも、こうなる!といってますが
所詮は後付けということに気づきましょう。

通常のマーケットは常に不規則に動いています。
後付けに騙されないようにしましょう。

では、
なぜ?「損切り」の必要性を説く人が多いのでしょうか?
1つは
「損切り」をすることで儲かっている人がいる。ということです。

証券会社さんやFX会社さん等です。
投資商品を扱う会社は「損切り」をすることで
手数料が入ります。
FXではスプレッドですね。

「損切り」すれば、するほど
会社は儲かりますので
会社を宣伝する人々も「損切り」を推奨します。
ここに気づくと長期投資もすんなりできるのではないでしょうか?

つぁつぁつぁんは
精神的にも資金も、悲惨な目にあいましたので
超長期投資に切り替えています。
今は平和に過ごしています。

では、
「損切り」しないで勝つにはどうするのか?を書きます。

※長く持ち続けることができるものに投資する。
※下がれば少しずつ買い増しする。
※上がれば売っても良いし持ち続けてもいい
※持ち続けている場合は金利や配当をもらえるようにします。
※レバレッジをかけない。1倍以下で運用する。
※「損切り」は資産が減るだけで増えることはない。

これぐらいではないかなと思います。
また加筆や別のタイトルでも書くようにします。
つぁつぁつぁんは短期売買で大損失を出しました。

超長期投資に切り替えてからは順調に資産が増えています。
と書いても、少ないです。
しかしながら
資産、資金が減ることはないので
安心して人生を楽しんでます。

あなたの参考になれば幸いです。


<スポンサーリンク>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。